紫外線と肌

日中の気温が上がり、太陽光が肌を刺すようになると、紫外線の肌への影響や日焼けを気にする人が多くなります。紫外線は、太陽光が強い時だけ強くなるというイメージがあります。けれども、紫外線は天気の悪い日も寒い季節でも地表に到達しており、対策を講じる必要があります。夏は海水浴など一日じゅう日光の下で活動をする日もあります。日焼けとは、火傷に他なりません。肌には相応のダメージがあることを認識しておきましょう。急な日焼けは肌が熱を持つ原因になったり、痛みや腫れの原因になります。対処を間違うと水ぶくれができたり、皮がむけることも珍しくありません。紫外線が肌に良くないことはこれだけを見てもわかります。日焼けの症状は火傷のようなものです。最近の研究によると、紫外線を浴びて日焼けするほど肌にはシミやそばかすが多くなりしわの原因になることも分かっています。紫外線の作用でシミやそばかすができると、消すことは大変です。シミにならないよう紫外線を防ぐ方が現実的な方法です。近年では、日焼け止めクリームの他にも紫外線の肌への影響を防ぐファンデーションや衣服などもあります。多くの人が、UVカット商品を活用しています。近年では大人ばかりではなく、子どもにも紫外線への備えは欠かせません。日焼けの作用から肌を守るため、できることをしていきましょう。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )



コメントを残す