紫外線と肌への影響

日本だけでなく、世界各国で紫外線が及ぼす肌への作用がクローズアップされ、対策が取られています。紫外線が強くなっている背景にはオゾン層の破壊などがあり、オーストラリアでは顕著です。皮膚への紫外線の作用は、一層大きいものになっているようです。肌にしみやしわが増加したり、皮膚ガンになりやすい状態になったりというトラブルもあります。日本では昔から、日焼けをすることは健康的といったイメージがあります。屋外で遊ぶ子どもは、日焼けした肌が当然として扱われていたようです。けれども、近年では紫外線が肌に及ぼす作用は無視できないものになりつつあり、できれば日焼けはしない方が健康にいいとまで言われています。紫外線を肌に当たらないようにできるだけのことはするという人が多いようです。確かに成長期でもある子供の場合は、カルシウムを生成するために日光に当たることは健康の上でも必要なことです。カルシウムの生成を妨げない程度に、かといって紫外線の作用で肌を痛めてしまわないように、十分に気をつけなければならないでしょう。特に紫外線の強い季節は、できるだけ日焼け止めなどを塗って、適切な日焼けを心がけることが大切です。お肌のことを考えるのであれば、可能な限り紫外線は避けた方が大人には好ましいようです。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )



コメントを残す