紫外線から肌を守る方法

市販の紫外線クリームや、日焼け止め成分を含むメイク用品で紫外線を防ぐことが、肌を紫外線から守る方法としてはメジャーです。近年では、0歳児が使用できる日焼け止めクリームもあります。敏感肌の人でも使える日焼け止めクリームも販売されていますので、使ってみてください。SPFという数字は紫外線を防ぐ効果を数値化したもので、この数字が大きいと長時間使用することができます。SPFが10と35の日焼け止めクリームが販売されていた場合、SPF35の日焼け止めを購入した方が、肌につけた効果は長く続くといいます。夏の日中、紫外線を体に受ける時間が長くなりがちだという人は、SPFの大きい日焼け止めを積極的に使うといいでしよう。ただし、紫外線を防ぐ機能が強い日焼け止めクリームは肌への刺激が強くならざるをえないので、気をつけなければいけません。お肌の負荷を考えるなら、紫外線があまり強烈でない日はSPFが低いもので十分です。紫外線を防ぐ強い効果がある日焼け止めは、繊細な肌の人や赤ちゃんにとっては、肌に良くない影響が出てしまう場合があります。紫外線対策クリームには、SPFの他にPAという指標があります。肌が日焼けの影響で赤くならいように使う日焼け止めにはSPFが記されています。肌が日焼けによって黒くなるという人は、PAを参考に紫外線対策を行って肌をガードしてください。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )



コメントを残す